2017.観亀神社のニの午祭 前篇

ついに今年、行ったんすよニの午。

「地味なイベント」「なにやってるかわからない」などなど情報が錯綜する謎祭。

そりゃ恐る恐るですよ。

写真撮ってもいいの?そもそも舞妓ちゃん達くるの?謎が謎を呼ぶ祭ですけどね。

超寒かった。雪降ってたしさー風は強いしさー。

↓下の白いブラブラが強風を物語ってるよね。

 

 

観亀神社。

正確には「観亀稲荷神社」と呼ぶ。火伏せのご利益があるとされる秋葉大権現を勧請した。

神社の名は、創建時に亀が出てきて歓んだ事から付けられた。

(ざくっと知ろうぜ観亀神社 七福著)

いつもシャッターが閉まってるのに開いてた。

後で中を撮らせてもらおう!

で始まったんですけどね。

いろんな事情で、芸舞妓全員が出てくるとは限らないそうで(仲良くしてくれてる某芸妓談)、手前から、富久春ちゃん、富津愈ちゃん、叶紘ちゃん、富多愛ちゃん、涼香ちゃんです。

他にも芸妓さん達がいたけど、洋服だったり服装以前の問題があったりで自主規制。

何してたかは画的に地味な為、文章でササっと説明すんね。

まず八坂神社から来てくれた宮司さんがお祓いし、各お茶屋の関係者がお祓いを受けてた。

以上。

噂通りの地味イベ。

でも、こういう地域のイベントこそ、「守ろう」という意思が無いと廃れていくし、続ける事が大切よね。

続きは次回。

スポンサーリンク










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です